天格の画数について|赤ちゃんの名付けでお悩みでは?そんな時は姓名判断で良い名付けを!

赤ちゃんの名付けでお悩みでは?そんな時は姓名判断で良い名付けを!

 

天格の画数について

赤ちゃんの名前を姓名判断の占い結果に従って考える時、それを考える前に調べる必要があるのが「天格」です。

天格、つまり苗字の総画数は、赤ちゃんがこの世に生まれ出た時点で確定しています。
それが「吉」であれば良いのですが、「凶」である場合には名前を工夫して他の「五格」を「吉」にする必要があるのです(天格を理由に離婚、などという事はくれぐれもしないようにしてください)。
実は「大吉」とされる総画数は、姓名に限らず以下のものと言われています。

1画、11画、16画、21画、23画、31画、32画、41画

つまり赤ちゃんの名前を上記の総画数にしてあげれば、とりあえず地格の占い結果は「大吉」となります。地格が大吉になれば、未成年時代の内面的な性格、知力、体力がより良い方向に傾くのです。
さて、ここからはひたすら数字と向き合いましょう。細かい占い結果は実は各画数によって異なるのですが、ここからは「縁起の良い総画数」にだけ着目し、赤ちゃんの名付け方を場合分けして見ていきます。天格、つまり苗字の総画数ごとに、地格、総格との兼ね合いを見ていきましょう。

・天格が「1」

日本で最も画数の少ない苗字の人は、天格が「1」になります。つまり天格は大吉、「縁起の良い家系」という事ですね。
天格が「1」の場合には、地格を「31」とすれば総格が「32」になります。これで、天格、地格、総格が大吉になります。

上記のように、天格の占い結果に合わせて地格を考える事により、総格を「大吉」とする事が可能です。

Copyright(c) 2017 赤ちゃんの名付けでお悩みでは?そんな時は姓名判断で良い名付けを!